空き家の問題

少子高齢化が叫ばれている我が国は様々な問題を抱えているのですが空き家もその一つです。
空き家の問題は社会的課題とまで呼ばれている程なのです。
家はあるものの、そこに誰も住んでいないのです。
つまり、その家をどのように処分すれば良いのか分からないのです。
子供でもいれば話は別ですが、身よりがない高齢者の場合、空き家になってしまった家は誰がどうする事も出来ないのです。

時間だけが過ぎてしまい、空き家が更に汚くなってしまって更に手が付けられなくなってしまうのです。
社会的な問題となっているのも当然ではあるのですが、空き家の問題はどのようにして解決すべきなのかをいくつかお話します。
身寄りがない高齢者ですと、大きな家に一人で住んでいる状況も珍しくはありません。

特に地方ですとそのようなケースも珍しくないのですが、もしもその一人暮らしの高齢者が亡くなってしまったら、家をどうすれば良いのかさえ分かりません。
遺言書でもあれば話は別ですが、遺言さえないような場合、行政であっても何をどのようにすれば良いのか分からないのです。
ましてや我が国は少子高齢化がこれからますます加速していくとされているのですから、この問題が更に悪化していく事は明白なのです。
空き家問題を解決するためには、一体どのような事が必要なのかをお話しますが、極論してしまえば一人一人の問題としてではなく、社会全体で空き家問題に対して真剣に取り組まなければなりません。



【TOPIC】
放置していると税金のコストがかかる空き家問題について相談ができる法律事務所です ・・・ 空き家問題 税金